健康になるためのオススメ商品一覧

ストレスと上手に付き合うことが大事
ストレス社会と言われている現代ですが、そんな時代だからこそストレスと上手に付き合うことが大事です。ストレスを解消することができなくて溜め込んでしまうと、体や心の健康を害してしまうことになります。しかし、世の中には様々なストレス解消グッズがありますし、ストレス解消に役立つおすすめの手段もたくさんあるので、自分にとって最もストレス解消に適しているものを見つけると良いです。短時間でリラックスできるものもあるので、仕事が忙しいビジネスマンや家事・子育てに忙しい主婦でも大丈夫です。

おすすめのストレス解消グッズは?
ストレス解消を目的としたグッズも数多く存在しているので、ストレスを発散するためにストレス解消グッズを購入するもおすすめです。殴る・壊す・叫ぶ・癒すなどグッズで使い方が様々なので、最もストレス解消に適したグッズを購入すると良いです。いくらパンチ・キックしても起き上がってくるパンチバッグは、昔から変わらない人気のあるストレス解消グッズのひとつです。ストレスが溜まったらパンチやキックをすることでストレス発散になりますし、ダイエットにも効果的なのでおすすめです。最近注目されているのが、触るとクセになる感触のストレス解消グッズで、伸ばしたり潰したりすることでストレス発散できるものです。リアルな顔が面白い商品やキノコの形をした商品など様々あるので、お気に入りを選んで利用すると良いです。

ストレス解消できるおすすめの手段
ストレス解消グッズだけでなく、ちょっとした隙間時間に簡単にストレス解消できる方法もいろいろとあります。知っておくと仕事や家事の合間にストレス解消してリラックスすることができます。自律神経を整えて緊張やイライラを鎮める効果が腹式呼吸にはあるので、良い姿勢を心がけてゆっくりお腹で息をするとリラックスできます。頭頂部を指の腹で押すとか、首筋を両手で挟むとかのセルフマッサージもおすすめですし、ストレッチで体をリラックスさせることも健康につながるので良いです。

心の健康

適応力と防御反応
ストレスとは様々なストレス源による刺激で心身に歪みを発生させる状態です。このストレス源は人により違いがあって、例えば天候や環境の変化などがストレスになってしまう人もいれば、ストレスを感じない人もいるのです。それは、人間が本来持っている適応能力の違いによるもので、物事に対して適応できればストレスにはならないのです。しかし、適応できない過度なストレスがかかってしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまい神経伝達物質の生産力が低下したり、間違ったものが放出されたりすることになります。それにより、やがて体調を壊したり精神的な不調が発生したりしてしまいます。このように人間が本来持っている適応力が防御反応で歪むことにより体や心の健康に大きな影響を与えてしまうのです。

ストレスが心に及ぼす影響
過度なストレスが溜まることによる体や心に及ぼす影響は様々ですが、最初に現れてくるのが不安になったり、悲しくなったりするといった心に及ぼす影響です。次に体調を崩したりする体に起こる症状が発生するのですが、その症状が長期化することにより、また精神面(心)に影響を与えてしまうことになります。具体的な心に及ぼす影響としては、不安・落ち込み・イライラ・怒り・気力や集中力の低下などがあります。それにより発症する心の病気としては、不安障害・アルコール依存症・パニック障害・心的外傷後ストレス障害・鬱病などです。

深刻な病気のひとつ鬱病
ストレスが心に及ぼす影響で深刻な病気のひとつとして鬱病があります。うつ病の主な症状としては、眠れない・食欲がない・疲れやすい・だるい・頭痛・動悸など体に現れる症状があります。また、憂鬱感・不安やイライラ感・何に対しても興味がわかない・集中力の低下・自分を責める・自分を無価値だと思うなど心の症状もあるのです。このようにストレスが心に及ぼす影響は深刻な問題になることもあるので、ストレスと上手に付き合い心の健康を維持することです。

体の健康

なぜストレスが続くことで体の健康に弊害が?
ストレスが続くことで体の健康に弊害が起きたという経験のある方も多くて、ストレスは単に心だけでなく体調の悪化に対しても大きな影響があるのです。本来、神経系・内分泌系・免疫系といった3つのシステムが正常に連携することで、人間の体の健康が保たれているのです。その為、ストレスという刺激が外部から加わると、神経系のひとつである自律神経が各器官に対してストレス刺激に対応するための反応を指示します。また、内分泌系は内分泌腺に対してホルモンを血中に分泌させて体のバランスを保つように働きかけるのです。こうした働きは体の健康を保つために行われていることなのですが、その一方で害になっていることも少なくないのです。

ストレスは病気を引き起こす
例えば、プレゼンや発表会などで緊張というストレスがかかってしまうと心拍数や血圧が上昇してしまいますが、これは自律神経が身に迫る危険に対し調整した結果なのです。また、ストレスで月経周期が乱れてしまうのは、ストレスに反応して女性ホルモンの分泌が乱れてしまうからです。そして、ストレスは様々な病気の約90%にまで関わっていると言われていて、体の健康にストレスが大きく関わり大きな影響を与えているのです。特に長期間にわたる慢性的なストレスの体に及ぼす影響は大きくて、自律神経失調症・胃や腸など消化器の病気・血圧や心臓など循環器の病気を引き起こすことがあります。また、免疫機能が過敏になってアレルギー症状が重くなったりしますし、様々な部位に発生するしびれや痛み・体重の増加・不眠・性欲減退などストレスは健康面に様々な形で影を落とすのです。

ストレスの感じ方は人によって違う
現実世界で生活しているのでストレスをゼロにすることは難しいですし、ストレスから逃れられないことも多いものです。そう考えると全ての人がストレスの及ぼす影響により体の健康を害してしまうことになりますが、実際はそのようなことはありません。それはストレスの感じ方が人により異なっているからで、自分なりのストレス対策で上手に付き合って行けば体の健康への影響も減少できるのです。